青の花茶飲み方の1番効果的な飲み方・飲み合わせ

 

今回は『青の花茶』の飲み方をテーマにお届けします。

 

効果的な飲み方や、たくさん飲めばその分効果があるのか、薬との飲み合わせについて、生理の時に飲んでもいいのかなど皆さんが「どうなんだろう?」と思っているような疑問点を一気に解決しちゃいましょう!

 

☆1番効果的な飲み方は?

青の花茶の1番効果的な飲み方は、どんな効果を求めているかによって異なります。

 

まずダイエットしたい人は、間食の代わりに飲むのがオススメです。

 

食事以外のカロリーを減らせれば、1日の総摂取カロリーも減るので痩せることが可能です。

 

それからストレスを緩和したいという人は、お休み前のリラックスタイムに飲むのがオススメです。

 

ラフマという成分は、精神を安定させる幸せホルモンのセロトニンを含んでいるので寝つきがスムーズになります。

 

☆青の花茶飲み過ぎたら、効果も倍増する?

 

青の花茶は1日1包飲んで1袋で30日分です。1包でマグカップ3〜4杯分作ることができます。

 

それを1日数回に分けて飲んでいきます。これ以上の量を飲んだからといって、効果が倍増するわけではないので適量を守り、毎日継続して飲んでいきましょう。

 

☆青の花茶飲み合わせでダメなものはある?

青の花茶の飲み合わせで良くないのは、アレルギー治療薬です。花粉症のシーズンは飲んでいる人が多いと思うので注意が必要ですね。

 

なぜ良くないのかというと、青の花茶に入っている甜茶には抗アレルギー成分が入っているのでアレルギーの薬も飲んでしまうと成分が重なり効果が強く出すぎてしまうことがあるんです。

 

めまいや吐き気などの症状が出たという人もいるので、併用薬があるという人は医師や薬剤師に相談されることをオススメします。

 

☆青の花茶は生理でも飲んでも大丈夫?

生理前にイライラするという女性は多く、この症状を月経前症候群(PMS)と呼びます。

 

そういった時期に青の花茶を飲んでいれば、月経前症候群(PMS)の改善効果が期待できます。

 

生理前は、イライラしやすく頭痛・血行不良・不眠などの様々な不快な症状が出るという人も多いですよね。

 

そういった症状を緩和してくれるのが、アマチャヅルに含まれるサポニンやラフマに含まれるセロトニンです。

 

生理前に食欲が増して甘い物を食べたくなったときにも、甘くて美味しい青の花茶はピッタリです。

 

まとめ

『青の花茶』を飲んでダイエットしたい人は、間食の代わりに青の花茶を飲むと効果的です。

 

また、精神安定などイライラ解消の効果を求めている人は寝る前のリラックスタイムに飲むのがオススメです。

 

青の花茶は1日1包飲むのが適量で、それ以上飲んでも効果が倍増することはありません。

 

飲み合わせは、甜茶とアレルギー治療薬との相性が良くないので併用薬がある人は医師や薬剤師へのご相談をオススメします。

 

最後に、青い花茶は生理中だけでなく月経前症候群(PMS)にも効果的なので症状が気になる人はぜひ試してみてください。

 

青の花茶ってどんな味?飲みやすいの?美味しいの?不味いの?

 

ダイエット・眼精疲労・ストレス緩和などの効果がある『青の花茶』。

 

鮮やかな青色をしているので味はどうなんだろうと気になっている人もいるでしょう。

 

そこで今回は、青の花茶の味、飲みやすさはどうなのか、美味しいのか、不味いのか解説いたします!

 

青の花茶ってどんな味?

青の花茶には、5種類のハーブが入っています。それらの味が青の花茶の味になるわけですが「ハーブティーにそもそも美味しいイメージがない」という人もいるのではないでしょうか?

 

私もその1人で、初めて飲んだ頂き物のハーブティーが酸っぱくてそれ以来ハーブティーと聞くとあの味を思い出してしまうんですよね。

 

しかし、この青の花茶はハーブティー感はそこまで強くありません。甜茶(てんちゃ)のほんのりとした甘みの方に意識が向くので、ハーブ特有の癖はありません。

 

香ばしい豆のような香りがするのは、バタフライピーの香りで後味に少しだけ木のような味が残るのは、メグスリノキの茶葉から出ている味とのことです。

 

すっきりとしたほのかな甘みで、これなら毎日続けられる味だなと感じました。

 

青の花茶は飲みやすい?

青の花茶には、甜茶が入っているのでほのかな甘みがあってとても飲みやすいと感じました。

 

見た目が青色なので「どんな味なのだろうか?」と最初は不安に感じていましたが、いい意味であまり主張しない味です。

 

これなら食事中、間食の代わり、寝る前などシーンを選ばずに飲むことができるなと思いました。

 

青の花茶は美味しいの?不味いの?

青の花茶には、ハーブティーを飲んだことがある人ならそれよりも断然飲みやすくて美味しいと感じるはずです。

 

ハーブティー独特の味や癖を、甜茶の甘みがうまく緩和してくれているので誰でも飲みやすい味に仕上がっています。

 

不味いという人は少ないと思いますが、味が苦手だという人はオレンジジュースで割ったり豆乳や牛乳などで割ったりすると元々の味が気にならなくなり、マイルドになるのでぜひ試してみてください。

 

まとめ

『青の花茶』には、5種類のハーブを使用したノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのダイエットティーです。

 

青い見た目とは裏腹、味には癖がなく甜茶のほのかな甘みで美味しく飲むことができます。

 

これまでハーブティーが苦手だと思っていた人もこれならきっと飲めるはずです。

 

ホットでもアイスでも飲めてアレンジも豊富なのでぜひ飲んでみてくださいね。