青の花茶の副作用は大丈夫?

 

今回のテーマは副作用です。5種類のハーブが使用されている『青の花茶』には副作用があるのでしょうか?

 

これまで食べ物や飲み物などで副作用が出たことがある人もそうでない人もしっかりとご確認ください。

青の花茶の副作用の口コミを探してみましたが、今のところ見つかりませんでした。

 

しかしそんな青の花茶ですが、体質によっては合わない人がいるかもしれません。

 

もし飲んでいく中で、かゆみや発疹などの皮膚症状や、消化器症状などが現れた場合は速やかに使用を中止して医師に相談しましょう。

 

青の花茶の副作用ではありませんが、青の花茶に含まれている甜茶は、花粉症の薬と飲み合わせると成分が強まり手の震えなどの症状が出るという人もいるようなのでご注意ください。

 

青の花茶は安全?アレルギーに危険な成分はある?

青の花茶は、厳選した茶葉を使用していています。品質管理基準をクリアした最新設備の整った工場の中で丁寧に製造されているので非常に安全性が高いことで知られています。

 

しかも、徹底した衛生管理のもとで1つ1つ手詰めで出荷準備をしているというのも安心感がありますね。

 

ただし、原料となっているアマチャヅルにはアレルギーの報告があり、妊娠中・授乳中に飲んでもいいというデータが出ていないのでご注意ください。

 

また、甜茶はバラ科の植物なのでリンゴ、桃、サクランボなどのバラ科の果物にアレルギーがある人は注意しましょう。

 

【成分一覧】

甜茶、蝶豆、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキ

 

まとめ

今回お届けしたのは『青の花茶』の副作用についてですが、今のところこちらの商品で副作用が出たという声はありませんでした。

 

原料もしっかりとしたものを使用していて、製造過程においても信頼感があります。

 

しかし、甜茶、蝶豆、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキにアレルギーがあるという人は注意しましょう。

 

甜茶はバラ科なので、リンゴ、桃、サクランボなどの果物にアレルギーがある人も同様に注意しなければなりません。

 

それから、アマチャヅルに関しては、妊娠中や授乳中に飲んでもいいという検証データが出ていないので妊娠中・授乳中は避ける方がいいでしょう。

 

それから、アレルギーや副作用は放っておいても良くなることはないので「いつもと違う、何かおかしい」という症状が出た場合は速やかに使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

 

自分の体を守れるのは自分だけなので、しっかりと体質に合っているか確認してくださいね。

 

定期購入のラクトクースには30日間の返金保証制度もあるので万が一の時にも返金サポートを受けることができます。

 

青の花茶は妊娠中、授乳中でも飲めるの?

 

妊娠中や授乳中の女性の体はデリケートなので色々と制限がありますよね。

 

例えば、食べ物や飲み物、薬やサプリメントなど挙げればキリがありません。

 

そこで今回は『青の花茶』は妊娠中、授乳中でも飲めるのかを見ていきます。

 

妊娠中の体重増加や、産後のダイエットを考えている女性必見です!ぜひ最後までご確認ください。

 

青の花茶は妊娠中は飲める?

妊娠中に体重が増えすぎてしまうということがありますよね。

 

そんな時に「青の花茶を飲んでみようかな」と思うかもしれません。

 

中には「お茶なので飲んでも構わない」という人もいますが、素人判断は危険です。

 

なぜなら、青の花茶の中にはアマチャヅルという原料が使われているからです。

 

アマチャヅルは「妊娠中の人は使用を避けるように」との注意事項がある原料です。

 

いくら他の原料とブレンドされているとはいえ、入っていることには変わりないので医師や薬剤師への確認は必ず行いましょう。

 

その他にも、ハーブティーの中には妊娠中の人が飲むと危険なものがあるので自己判断で「大丈夫だろう」と手を出さないようにしましょう。

 

例えば、ハトムギには子宮を収縮させる働きがあり、ローズマリーには子宮を刺激する作用があると言われています。

 

また、リコリスには子宮出血などの危険性があるので妊娠中は禁忌とされています。

 

青の花茶は授乳中は飲める?

青の花茶には、神経を鎮めリラックスさせる成分が入っているので「産後の育児疲れとダイエットにいいかもしれない」と思いますよね。

 

しかし、授乳中であれば母乳を通して赤ちゃんに成分の一部が入るので、妊娠中と同様に注意が必要です。

 

ハーブは、薬などと比較すると効き目は緩やかですが、海外では薬のように用いられているので専門的な知識を持った人が正しい方法で使用しないと危険です。

 

5種類のハーブがブレンドしてある青の花茶は、妊娠中や授乳中の人が飲んでも悪影響がないかどうかは検証結果が出ていないので明らかになっていません。

 

だから飲みたいと思ったら、まずは医師や薬剤師に相談されることをオススメします。

 

まとめ

『青の花茶』は「妊娠中や授乳中に飲んで問題ない」「リラックス出来るからいい」という人もいますが、ハーブは海外では医療分野でも用いられているものなので、私たち素人の判断で飲んでいいとは言い切れないものです。

 

かかりつけの医師や薬剤師に見てもらって「大丈夫」と言われたら飲むようにしましょう。

 

それ以外にもハーブの中には、妊娠中の人にとって悪影響があるものも含まれているので慎重に判断されることをオススメします。

 

 

青の花茶脚痩せ効果はあるの?効き目は?

 

 

いつの間にか太くなった脚と憎たらしいセルライト…。

 

鏡を見るのも憂鬱だという人も多いはず。脚は痩せにくいパーツの1つなので、どうしようもなくお手上げ状態になっていませんか?

 

そんな人にオススメなのが『青の花茶』です。今回は青の花茶の脚やせへの効果と、効き目の理由を成分から探っていきます。

 

青の花茶は脚痩せに効果はある?効き目は?

青の花茶には脚痩せ効果があると言われています。ダイエット効果だけじゃないんですね!

 

そもそも、脚が太くなる原因って何なのでしょうか?

 

その原因の1つが「むくみ」なんです。

 

むくみの正体は、脚に溜まった水分と老廃物です。

 

それをそのまま放置してしまうと、むくんでいる箇所を覆うように脂肪が付いていきボコボコのセルライトや妊娠線が出来てしまいます。

 

セルライトは、水分や老廃物を巻き込んだ脂肪の塊なので、ほぐすのがとにかく大変なんです。

 

そうなる前の段階で手を打つことができれば、比較的スムーズに効き目が現れます。

 

セルライトが沢山ある場合は、青の花茶とマッサージで地道にセルライトを潰していきましょう。そうすれば脚も必ず細くなります。

 

青の花茶はなぜ脚痩せに効果があるの?

青の花茶には、脚のむくみに効果があるハーブが使われています。脚痩せしやすくなる理由はこれらの成分のおかげなんです。

 

・脚痩せ効果が高いカリウムを含む『甜茶』

カリウムが不足していると、代謝・排出力が低下してしまうのでむくみやすい体になってしまいます。

 

青の花茶の甘みの秘訣である甜茶には、カリウムが豊富に含まれているので水分の排出がスムーズになり脚が痩せやすくなります。

 

・脚痩せ成分サポニンを含む『アマチャヅル』

筋肉量が少ない人は、水分の巡りが悪く、下半身に集中して水分が溜まってしまうので脚がむくんで太くなってしまいます。

 

アマチャヅルに含まれているサポニンには、体内の水分バランスを調整する作用があると言われているので脚がむくみにくくなります。

 

まとめ

脚が太くなる原因はむくみです。だから脚痩せするには、水分と老廃物の排出が欠かせないんです。

 

『青の花茶』には、むくみに効果があるカリウムやサポニンなどの成分が入っているので、脚痩せ効果が期待できます。

 

脚は痩せにくいパーツですが、だからこそ青の花茶の力を借りてスッキリ美脚を目指しましょう!

 

スリミングジェルを使ってマッサージするのも効果的なので試してみてくださいね。

 

 

青の花茶顔痩せ効果ある?効き目は?

 

「友人達と撮った写真で自分だけ顔が大きい…」そんな悲しい経験をした人はいませんか?

 

顔は一番目に付くパーツなので、スッキリ見せることができればそれだけで痩せて見えます。

 

今回は、顔痩せにも効果がある『青の花茶』をご紹介します。

 

青の花茶の顔痩せ効果や効き目の理由を成分から分析していきます。小顔になりたい人必見!ぜひご覧ください。

 

青の花茶は顔痩せに効果はある?効き目は?

青の花茶は「ダイエットに効く」と言われていますが、顔痩せ効果もあるんです。

 

顔が大きく見えてしまう原因は脂肪ではなく、むくみなんです。

 

だから、むくみさえ解消できれば小顔になることができます。

 

青の花茶を飲むとリンパの流れが良くなります。そうなると、水分と老廃物がスムーズに排出されるようになり顔のむくみが解消します。

 

青の花茶には、顔に溜まってしまった水分や老廃物を排出しやすくしてくれる成分が入っているから、顔痩せ効果があるのです。

 

リンパマッサージなどと併用すれば効き目もさらにアップしますよ。

 

青の花茶はなぜ顔痩せに効果があるの?

青の花茶には、顔のむくみに効く数々の成分が入っています。

 

これらの成分が顔に溜まってしまった水分や老廃物の排出しやすくしてくれるので顔痩せしやすくなります。

 

さらに、ホットの青の花茶にしょうがを入れて飲めば体もより一層温まり、血行が改善するので冷えによるむくみを防止してくれます。

 

・カリウムを含む『甜茶』

塩分の排出を促す成分として知られているのがカリウムです。甜茶にはカリウムが豊富に含まれているので、むくみの解消効果があり顔痩せの効果が期待できます。

 

・血行促進でむくみ解消『アマチャヅル』

アマチャヅルに含まれているサポニンには、血行促進効果があると言われています。血行が良くなると冷えが改善してむくみにくい体へと導いてくれます。

 

まとめ

『青の花茶』はダイエットだけでなく、顔痩せにも効果があると言われています。

 

その理由は、塩分を排出しやすくしてくれるカリウムを豊富に含む甜茶と、血行促進効果があるサポニンを含むアマチャヅルが入っているからです。

 

これらの成分が、水分や老廃物の排出を促してくれるので顔のむくみ解消に効果があるのです。

 

顔をスッキリ見せることができれば、写真映りも良くなり痩せて見えるようになるので、小顔になりたい人もぜひ青の花茶を取り入れてみてくださいね。

 

 

青の花茶便秘への効果があるって本当?

 

便秘が続くと、とにかく辛いですよね。お腹が張って苦しいだけでなく、気分までもずっしり重くなってしまいます。

 

「便秘薬に頼らずに済む、もっといい方法はないかな…」と思うことはありませんか?

 

そんな人にオススメなのが、女性に青いお茶で有名なダイエットティー『青の花茶』です。

 

便秘解消のためのお茶ではありませんが、ストレス社会に生きる女性の便秘に効果があることが分かっています。

 

青の花茶の便秘解消の口コミは?

青の花茶には、痩せたという口コミが多く寄せられています。その中に、気になる口コミを発見したんです。

 

それが「デトックス効果がありました」という声です。

 

この口コミを「便秘解消効果があった」という風に私は捉えました。

 

しかし、青の花茶のメインの効果は、ダイエット・眼精疲労・心の健康をサポートするものです。

 

そちらの効果に加えて便秘解消やデトックス効果があると言われています。

 

青の花茶で便秘解消する理由とは?

青の花茶のメインの効果ではありませんが、先ほどお伝えしたように「デトックス効果があった」という人がいたのはなぜでしょうか?

 

実は、青の花茶に入っているアマチャヅルにはステロールという血中コレステロールを低下する成分が入っていて、この成分には便秘解消効果があると言われています。

 

また、サポニンという成分は神経の高ぶりを抑えて、副交感神経を優位にする働きがあると言われています。

 

胃腸の働きが活性化するのは「副交感神経が優位の時」なので、便秘の解消効果が期待できるのです。

 

ラフマというハーブにも同様に、精神の安定作用があり、自律神経の乱れによる胃腸の働きの低下を予防する作用があるので便秘に効果があります。

 

まとめ

『青の花茶』にはストレスの抑制や、神経の高ぶりを抑える働きがあると言われています。

 

ストレスがかかると、交感神経が優位になり自律神経が乱れて胃腸の働きが鈍化してしまいます。

 

胃腸の働きが鈍くなると便秘になってしまうんです。

 

女性に便秘が多いのは、こういった精神的な理由もあるようです。

 

ですからまずはストレスを緩和して、自律神経を整えてあげることが大事なんです。

 

そういった作用があるのが青の花茶です。

 

便秘薬のように便秘解消効果がある成分は入っていないので即効性はありませんが、続けていくことで交感神経と副交感神経のバランスが取れるようになり毎日のお通じがスムーズになるという可能性があります。

 

ストレス社会で生きる女性をサポートしてくれる青の花茶。便秘に悩んでいる人はぜひ始めてみてください!